来年のカレンダーを両面テープで自宅の壁に貼り付けました

生活

こんにちは、ふみです。みなさんは来年のカレンダーを用意されましたか?

私は昨日、自宅の壁に来年のカレンダーを貼り付けました。

毎年、カレンダーは両面テープで壁に穴をあけずに貼り付けていますが、過去10年間、一度も脱落したことがありません。
壁に穴をあけてはいけないときや、鋲が刺さらない壁にカレンダーを貼るときに参考になると思うので、やり方を紹介します。

用意するもの

  • カレンダー
  • はさみ、またはカッター
  • 両面テープ※

※両面テープについて

両面テープには色々な種類があり、カレンダーを壁に貼り付ける事に適さない物があります。

◎10年使い続けて剥がれなかった実績のあるタックメイトの強力両面テープ

2011年の東日本大震災の地震でも、タックメイトの両面テープで貼り付けたカレンダーは脱落しませんでした。
25mm幅はカレンダーの上部と同じテープ幅なので、1回で貼り終わります。

ヤマト 両面テープ タックメイト 25mm×10m TMN-25-10

東日本大震災でカレンダーの代わりに脱落した50インチのプラズマテレビ

〇100円ショップで買ってきた両面テープ

はがしにくい素材として、「塩ビ、壁紙、紙類」が記載されている、100均の両面テープです。
15mm幅はやや狭いので、カレンダーに2段にして貼る必要があります。

毎年、カレンダーの貼り付けに使っていたタックメイトの両面テープは使い切ってしまったので、今回はこのテープを使いました。

100均で買ってきた両面テープ
はがしにくい素材として、塩ビ、壁紙、紙類が記載されている

×壁に貼るのに適さない弱粘着仮止め用の両面テープ

カレンダーよりも軽い、ポスターでも剥がれます

弱粘着仮止め用の両面テープ
弱粘着仮止め用の両面テープが剥がれて下の部分が浮いているユーミンのポスター

カレンダーの重さについて

新しいカレンダーはA2サイズよりも少しだけ大きいサイズです。
体重計でカレンダーの重さを測ったら、0.4kgでした。
体重計なので多少の誤差があると思いますが、結構重いです。

両面テープでカレンダーを貼る壁を確認

平らな板に塗料を塗布してある食器棚の壁は、両面テープを貼ると剥がせなくなります。
カレンダーを貼る前に、両面テープを貼った後に剥がせる材質の壁紙になっているか、良く確認しましょう。

両面テープを貼って剥がせなくなった実家の食器棚の壁

やり方

1.
新しいカレンダーに重しをのせて、ある程度伸ばしておく。

上部を重点的に伸ばしている2020年のカレンダー

2.
新しいカレンダー上部の切り離せない部分の裏面に両面テープを隙間なく貼る

両面テープを貼り始めたところ
端まで貼ったらはさみで切る
はさみで切ったら両面テープを剥がす。幅の狭いテープはもう一度繰り返す。
幅の狭い両面テープを2段で貼りつけたところ

3.
古いカレンダーを剥がして、新しいカレンダーを壁に貼り付ける。
(壁には古いカレンダーを剥がした跡が残らないので、古いカレンダーの上部にセロハンテープで目印をつけてから剥がすと、同じ位置に新しいカレンダーを貼ることができます。)

両面テープで去年貼りつけたカレンダーを剥がしているところ
カレンダーを剥がした後が残っていない壁
新しいカレンダーを壁に貼り付けているところ。上部を手で左右にこすって壁に馴染ませる。
貼り終わった来年のカレンダー。少し丸まっているが、日数が経つとまっすぐに伸びる。

両面テープを使った後の処理

両面テープの使用後は、剥がした台紙をテープ幅より少し短い長さで切り落としてから使い終わったテープの端に貼り付けておくと、次回使うときにテープを剥がしやすくなります。

はがした台紙を切っているところ
台紙の切れ端を両面テープ端に貼り付けた状態

はがしたカレンダーの使い道

カレンダーの裏面は白い無地なので、カッターで何等分かに切ると、メモ帳の変わりになります。
私は電話のメモや、買い物のメモに活用しています。

メモ帳に生まれ変わったカレンダー。洗濯ばさみで止めている。

まとめ

  • 弱粘着仮止め用の両面テープは壁紙に貼り付けることに不向き。
  • 強力タイプの両面テープは壁紙にカレンダーを貼り付けても1年間脱落しない。
  • カレンダーに使う両面テープは25mm幅がちょうど良い。
  • 両面テープは使い終わった後にテープの台紙の切れ端をはさむと、次回使うときにテープを剥がしやすい。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました